PCMアーカイブ

超軽量スチールシャフトに合う重量別・バランス別打ち比べテストを敢行

ドライバーはシャフトもヘッドも軽量化してるのに、なぜアイアンヘッドは軽くならないの?

【PCMアーカイブ_from_No18】
超軽量スチールシャフトに合う重量別・バランス別打ち比べテストを敢行

pcm_no18_p66_01

軽量長尺クラブが一般ゴルファーに認知された今、アイアンだけは超軽量シャフト登場もヘッドの軽量化が進んでいなかった。誰でも打てるやさしい重さのアイアンの重量を探るべく、打ち比べテストを敢行した。

pcm_no18_p66_02

今回特別に230gの超軽量5番アイアンヘッドを作ってもらい、日本シャフトの超軽量スチールシャフト『ゼロス7』を装着した試打クラブを作成した。タスターはドライバー平均飛距離200未満の一般ゴルファーに各種打ち比べテストを行った。10gの鉛をヘッド、バランスポイント、グリップ下の3箇所に張り替えて試打してもらい、最も打ちやすいと感じたポイントを調査した。

軽量シャフトは長さで調整? ヘッド重量で調整?

工房ビジネスにおいて、カスタムアイアンの作成やリシャフトは、軽量スチールが多様化しているにも関わらず購買余地を埋めきれていない実状がある。それは単に『アイアンが難しいから』で済まされるのだろうか。工房を取材すると、軽量シャフトを装着する際に、ヘッド重量に自由度が少なくお客様へ魅力を伝えられない、実感してもらえないなどの声があるという事がわかった。

試打用5番アイアンのシャープなヘッド形状に『難しそう』『打てないよ』のネガティブな声を漏らす一般ゴルファー。しぶしぶ打ってみると、一球目からまずまずのショットが。これには『えっ!?』『振りやすい!』の驚嘆の声が。
 そこで、これからが本番の打ち比べテスト。10gの鉛をヘッド、バランスポイント、グリップ下の3カ所にそれぞれ貼り変えて、どの位置が一番打ちやすいか打ち比べてもらった所、結果は以下の通り。

打ち比べテストの結果、振り心地が良かったところは、バランスポイントが60%!

pcm_no18_p67_02

 まず、ヘッド側に10gの鉛を貼ったが、一般に市販されている軽量アイアンのスペックよりまだ軽い。だが、『ヘッドが重い』『振り遅れる』など5番アイアンの難しさが振り心地にもショットにも表れてしまった。ダフったり右へ飛んだりとミスショットが連発。ナイスショットや『ヘッドが効いていて好き』の回答はかなりの少数派だった。
 次にグリップ下に10gの鉛を貼る。手元の重さは気にならず、ナイスショットが多くみられた。『違和感はない』『クリーンに打てる』『しっかり振り切れる』など好感触のコメントも多く、弾道が高く飛距離も出ているショットが多かった。
 最後はバランスポイントに鉛を貼る。ワッグル時から『しっかりしてる』『感じが良さそう』の声を裏付けるかのように、一番多くのゴルファーが好結果を得た。弾道高さ、飛距離ともマイクラブの飛距離を越えるゴルファーも多く、その結果に目を丸くする人も。明らかに重量が追加された事で弾道も振り心地も良くなった。
 『楽にボールが上がる』『手応えも弾道も強い』『飛んでる!何故?』とゴルファー自身が驚く声が一番多かった。自身が使っている大型ヘッドよりはるかに小さいサイズや5番アイアンの難易度を忘れてしまっているかのポジティブな回答が多数聴かれたのだ。
 そもそも、何故5番アイアンのヘッド重量は250g後半の重量設定になったのか?そんな疑問をメーカーにぶつけても、『昔からそうだから』『元々決まっているの』など、根拠になる明確な回答は聞かれない。おそらく、ダイナミックシャフトなどスチール黎明期は120g前後の重量がほとんどで、クラブとしての多様性もなく、D0やD2のバランスを出しやすくするために割り出された慣例的なものでしかなかったからだと推測できる。
 しかし、N.S.PRO950GHが市民権を得て以降、現在ではゼロス7の登場もあり、更にシャフトの軽量化は加速。アイアンシャフトがこれだけ軽くなった今、当時のヘッド重量のままではヘッドだけが効き過ぎて、シャフトの利点をクラブとして活かし切れていない状況に陥っているようだ。
 そんな中、今回のテストの結果は、軽ヘッドの可能性あるいは最適ヘッド重量の余地を感じるものになった。ドライバーをはじめ、ウッドヘッド重量が多様化・軽量化している流れから考えれば、ごく自然な話でカスタムクラブにおける軽量アイアンの可能性はまだまだ未知数の可能性を秘めていると言える試打結果となった。

pcm_no18_p67_01

  • 超軽量スチールシャフトに合う重量別・バランス別打ち比べテストを敢行 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る